Artiste éclectique

Tour à tour saxophoniste, photographe, musicienne et professeure, 

Mai Toyama fait partie de ces talents que l'on ne peut faire entrer dans aucune case, tant son univers est marqué par la diversité. 

À ses origines japonaises et coréennes, entremêlées d'un ancrage de dix années en France, s'ajoute un parcours retentissant, qui débute sur un apprentissage musical classique et exigeant, et se poursuit en tant qu'autodidacte, à la rencontre de tous les genres et disciplines (arts visuels, performance, musique électronique, improvisation...). 

Mai, qui manie aussi bien le saxophone que la caméra, use de l'un comme de l'autre pour servir un même but : celui du travail de création, pourvu qu'il soit source de partage, d'échange et d'enseignement. 

L'artiste place ainsi l'humain et l'émotion au cœur de tous ses projets, animée par la conviction que les plus belles histoires se racontent à plusieurs, que ce soit en musique ou en clichés. (lire la suite)

Alternatively, a saxophonist, a photographer,  a musician and a teacher,

Mai Toyama is one of those talents that cannot be brought into any box, as her universe is marked by diversity. 

To her Japanese and Korean origins, intertwined with a ten-year career in France, is added a resounding journey, which begins on classical and demanding musical learning, and continues as a self-taught, to meet all genres and disciplines (visual arts, performance, electronic music, improvisation…).

Mai, who handles both saxophone and camera, uses both to serve the same purpose: that of creative work, provided that it is a source of sharing, exchange and teaching.

The artist thus places the human and emotion at the heart of all his projects, animated by the conviction that the most beautiful stories are told together, whether in music or in clichés. (read more

interview&texte ©︎Aline Rosel

外山 舞。(トヤママイ)

大阪出身。日本と韓国のダブルカルチャーを持つ。2010年からフランス在住。

サクソフォンを12歳から始める。2010年、大阪音楽大学短期大学部を主席で卒業、同年渡仏。パリ区立音楽院モーリス・ラヴェル音楽院サクソフォン科に入学。クリスチャン・ヴィルトゥ氏のもとで二年間研鑽を積み、同音楽院の室内楽科ともに審査員満場一致称賛つき主席で卒業。2012年、パリ国立高等音楽院(CNSM)のサクソフォン科に入学。翌年、同音楽院の室内楽科に入学し、2014年に審査員満場一致の最優秀賞で修了。 同音楽院、即興科に入学し2018年修了。翌年、音楽から教育学に転向。フランス文化省認定ノルマンディー高等教育専門学校(CEFEDEM)にてジャズ、ポップス、伝統音楽、M.A.O.を学び修了。2017年、フランス国家音楽教員免許を取得。2012年から2018年、パリ郊外の音楽院とパリ市4区小学校でサクソフォン講師を務め、小中高生のレッスンと即興音楽を中心とした授業やオーケストラの指揮など幅広く指導をしてきた。現在はフリーランスとしてアマチュアの指導にあたっている。フランスでの出産と子育てを機に、幼児教育に関心を持つ。保育において重要な「ことば」や「うごき」の発達と創造性の芽生えを培う「音楽」本来の魅力を受け伝え、フランスの保育園(0~2才)にて実践している。

これまでの主な演奏活動として、2016年スペイン、バルセロナ現代音楽フェスティバルMIXTURにEnsemble REGARDSとメンバー、サクソフォン奏者として演奏する。IRCAM(フランス国立音響音楽研究所) で作曲家Luis Quintanaとサクソフォンと電子音楽のための作品「Nature l'importun」を Le Cent Quatre 104(パリ19区アートスペース)で初演。同施設にて、演劇やダンス、音楽、現代アートなど多ジャンルの作品に携わるクロスオーバーアーティスト(作曲家、演出家)Heiner GobbelsのIn VIVO即興家として演奏。これまでにヨーロッパを中心に、ラジオフランス、美術館、ギャラリーなど様々な文化施設、アートスペースでの演奏を行う。2018年、ブルターニュ地方で行われるFestival Klasik にて写真、抽象美術、電子・現代音楽と即興音楽のディレクションと演奏を務め好評を博す。

2018年、自身の挙式を撮影した写真家のアートワークに心を動かされ独学で写真の世界に入る。現在、パリを中心とした自分の家族や友人、身のまわりの日常写真からアーティストや音楽家のCD、雑誌、主な広告写真の撮影及びアートディレクションを中心に幅広く活動している。

2018年、パリ自宅アパルトマンで個展を開催する。同年、大阪AWAIYA BOOKS にてグループ展に参加。2020年、フローリスト高橋直子のアートワークを撮影しINTERNATIONAL FLORAL ART 2020-2021 本に搭載される。2021年、フォトキュレーションプロジェクトでオンラインならではの表現方法を紹介するポートフォリオサイト「JAMAIS VU」に作品が選出される。その他、CURBON主催KODAK POSTERコンテスト入賞。写真展の音楽監修を務めるなど、今後さらに「音楽×写真」音と視覚芸術の融合の可能性を追究し、多方面に渡る芸術と文化に専門的な教育プログラムを取り入れた交流、コンサートやワークショップを提案する。


 

2022

Group Photo Exhibition “Sotto voce” Desigh Festa Gallery Tokyo, Japan 

Music direction for the photo exhibition “syn-phōnē” “Such a Sunny day!!”  Desigh Festa Gallery Tokyo, Japan 

Curated by Curbon Project KODAK POSTER 

Online Exhibition “Jamais vu ”  Edited by Tomo Kosuga

2021

Music direction for exhibition of "Futari"  by Shin Ikegami (photograph) & Sunny Lee (photograph) / , Pictorico gallery, Omotesando, Tokyo, Japan 

2020

Photo Exhibition "Konomachi no Katasumi de" Tsukamoto, Osaka, Japan 

Appartment Photo Exhibition, Paris, appartement haussmannien Paris, France 

2019  

Musicmusic & Performance Concert “Écoute” Comtemporary/Electroacoustic  Paris, France 

Heiner Gobbels's Improvisator in  "In VIVO"  workshop & performance Paris, France 

IRCAM Concert  "Nature l'importun" Luis Quintana. Le 104,Paris, France 

2018 

Concert & Performance in Festival Klasik. Rostrenen, France

2022 

-  “Sotto voce” ブック、プリント、ポストカード展示 デザインフェスタギャラリー 原宿、東京 

- “syn-phōnē” “Such a Sunny day!!” 写真展のBGM音楽監修 デザインフェスタギャラリー 原宿、東京

- CURBON主催KODAK POSTERコンテスト入賞

 - オンラインエキシビション「Jamais vu」に写真がキュレーションされました。Edited by Tomo Kosuga

2021 

-  "ふたり"の音楽ディレクションを担当しました。ピクトリコギャラリー、表参道、東京

2020 

- この街の片隅で  エレバティー塚本  awaiya books、大阪

- アパートメント個展、パリ

2019 

- “Écoute” 現代音楽、現代エレクトロアコースティック音楽の自主プロジェクトコンサート パリ

- フランス国立音響音楽研究所(IRCAM)で作曲家Luis Quintanaのサクソフォン&エレクトロアコースティックのための作品「Nature l'importun」を初演 パリ

- Heiner GobbelsのIn VIVOの即興家として演奏。(演劇/ダンス/音楽/現代アート) パリ

2018 

- Festival Klasikにて写真、抽象絵画、造形美術、電子音楽、現代音楽と即興のコラボレーションのディレクション&演奏ブルターニュ

 

Using Format